千葉県の空家・空き地、別荘管理はグリーンアルファ・空家管理にお任せ下さい!

房総を中心に千葉県全域対応 空家・別荘定期保守サービス

空家管理の必要性~空家定期保守管理とは~

空家の現状

総務省が5年に1回調査する「住宅・土地統計調査」によると、平成20年の日本にある空家の数は799万戸になっています。ここには、建築中のものや日中だけ使用しているなどの一時的に使っている家も入っていますが、この中で住人を失った「空家」は757万戸にもなり、これは総世帯数の13.1%・・・

 

つまり、7戸に1戸の割合で空家があるということになるのです。

 

 

住人を失った家

家が住人を失うにも様々な原因があります。

居住者の転勤や入院などで長期間不在となった…

居住者が高齢のため住みづらくなって転居した、または死亡したりした…

上記の状態になり相続したものの使う人がおらず空き家になっている…などなど。

また、古い建物だから取り壊すにも「お金がかかるからそのうち」と言って何年も放置されている空家もあります。

廃墟

 

空家のその後

住人を失った家は、換気がされず空気がこもり、家の周りには雑草が生い茂り、急激に衰えていきます。

最近では田舎暮らしもブームになったりしましたので、相続した後「ゆくゆくは住もう」と思っておられる方も少なくないでしょう。しかし、いざその時になって住もうとしたら、衰えていた家のリフォームで莫大な見積が出るなんてこともよくある話です。

 

 

古民家と廃墟

古民家

ある程度定期的にメンテナンスをしていれば、空家もいつでも住める状態のまま何年でもそこにいられます。それが古民家です。

でも、何もしないでそのままにしていれば、古民家になるはずの家は廃墟と化してしまいます。

古くなり雑草が生えた家には、野良猫が住み着き近隣の方たちに迷惑をかけることもあります。

また、どこからともなくゴミが投げ込まれることもあります。

さらに、もし空家が放火などの被害に遭い火事になってしまったら…。

それはもう取り返しのつかないことになりかねません。

 

本来ならばれっきとした資産である住宅…それが放置していたがために負債になるケースもあるのです。

それまでのいろいろな思い出が詰まった家を、ボロボロの家にしてしまうのはとても悲しいことではないでしょうか。

 

 

いつでも住めるように

DSC01610

いつかは帰るその時まで、

 

その時がいつ来ても良いように、

 

最低限の保守管理は大切であると、当社は考えております。

 

 

 

もう一度、
所有されている空家の今後について考えてみませんか?
空家管理お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ

オプション作業

対応エリア

千葉市
鴨川市
館山市
南房総市
鋸南町(安房郡)
富津市
君津市
勝浦市
夷隅郡(大多喜町,御宿町)
いすみ市
木更津市
市原市
袖ヶ浦市
長生郡(睦沢町,長南町,一宮町,長柄町,長生村,白子町)
茂原市
山武郡(大網白里町,九十九里町,芝山町,横芝光町)
東金市
山武市
八街市
四街道市
佐倉市
酒々井町(印旛郡)
富里市
多古町(香取郡)
成田市
印西市
白井市
東京都、神奈川県もご相談ください。

空家管理人のブログ